土地を購入する方法を伝授|納得して購入する

つみきの家

家を建てる前に確認

積み木

地域ごとに規制がある

誰でも気に入った土地の敷地一杯に好きな家を建てたいと思うものですが、地域ごとに規制があり、また建築基準法によって建てられる大きさも決まってしまいます。大雑把にいいますと、建築予定の土地の建ぺい率、容積率、高さ制限によります。杉並区の土地に建てられる家の大きさを調べるには、杉並区の土地を管轄する杉並区役所の建築指導課へ足を運んでください。また、土地に面している道路の状況も確認する必要があります。道路の幅が4m以上なければ家を建てられない決まりになっており、足りない場合は道路の中心線より振分で2m道路として出しますので、敷地面積が少なくなってしまいます。さらに角地では6m未満の道路だと隈切りをしなければならずその分敷地が減りますが、角地の緩和があるので杉並区役所で確認してください。建ぺい率は、敷地に占める建物の割合のことです。建物の水平投影面積で計算し、建築面積として計算され屋根や庇が1m以上出ると建築面積に含まれます。また敷地の道路付けにより緩和されることもあります。容積率は、その土地に建てられる床面積の割合をいいます。建ぺい率と同じく厳しい数値ですが、建物内につくる車庫は緩和されます。50m2以内で床面積の5分の1以内です。このように、土地に家を1軒建てるのには多くの規制があり、敷地の中に建てられる空間が限られてしまいますが、基本的な法規制をしっかりと押さえることが、土地を選ぶ際の大事なポイントとなります。